角館・葉桜と散り果て

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜散るの情報を旅立つ前から見てオイオイと思ってたが、角館紀行のおかげで覚悟も出来てて冷静に角館を楽しめた。

まずは安藤醸造所で車を止めさせてもらい田町を散策。

一回りして安藤醸造所で二年熟成の醤油としょっつるベースのだし醤油を買ってきた。

お店を出て武家屋敷通りに行こうとするが嵐のような雨風。

お店で雨宿りさせてもらってると太田家のなんとか残ってる桜が無常に散っていってた。

雨が上がり武家屋敷通りへ。

上の掲示板を奥さんが見つけた。

「 散り果て」初めて見た言葉。

桜の散り際を言い当ててると思った。

新緑の武家屋敷通りを満開の桜を想像しながら歩いた。

大半が葉桜になってたが、待っててくれた桜もあった。

募る想いがよりいっそう綺麗に見させてくれると期待して帰途についた。

来年は角館だけに的を絞って行くつもり。

角館へ田沢湖経由

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

盛岡・角館旅行の宿は田沢湖高原温泉郷というところ。

もう少し山を登ると乳頭温泉。

泊ったホテルの湯は乳頭温泉から引いてるとのこと。

翌日、角館に行く前に鶴の湯を見学。

途中、水バショウの群生地による。

鶴の湯を後にして田沢湖から八津・鎌足「かたくり群生の郷」でかたくりの群生地による。

一輪だけ白いかたくりが咲いてた。

画像

行程が前後するが八津から角館へはいった。

角館へ入ってガストで昼食。

多分回りの人は角館の人々だろう。

男性も女性も色白や。

私のような南方系の肌の人はよそ者だとチョンバレ(完璧に判る)やわ。

盛岡と角館の旅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「壬生義士伝」で主人公の吉村貫一郎がお国自慢をする時の台詞。

南部盛岡は日本一の美しい国でござんす。
西に岩手山がそびえ、東には早池峰。北には姫神山。
城下を流れる中津川は北上川に合わさって豊かな流れになり申す。
春には花が咲き乱れ、夏は緑、秋には紅葉。
冬ともなりゃあ、真綿のごとき雪こに、すっぽりとくるまれるのでござんす。
(浅田次郎『壬生義士伝』下巻 P.82)

岩手山を遠景に小岩井農場の一本桜を見れた。

今回のメインは角館と考えてたが桜の状況から小岩井農場がメインとなった。

上の写真はベストではないがベターな条件で撮れた。

これだけでもありがたい。

たぶんこれ以上の条件は住んでる人と凄く運の良い人だけに訪れるのだろう。

この場所からの同じ構図の写真は山ほどネットで見れる。

でも実際に見てその雄大さで圧倒されてしまった。

吉村貫一郎の上の台詞がいかにもと思った。

画像です。

牛さん、ええ環境でノンビリと過ごしたはりました。

こんな牛さんから出来たソフトクリームは美味しかった。

飛騨古川

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2008年2月16・17日

飛騨市古川町へ行ってきた。

雪の古川の町と白川郷を楽しみたくて車で9時に出発。

白川郷へは、交通事情により無理なら止めとくつもりだったが順調に 荘川ICについたので進路を白川郷へ。

白川郷に近づくにつれ雪が強くなる。山陰の道とトンネルの中は雪が積もっててちょっとビビル。

無事に到着し駐車場からシャトルバスで白川郷の中心へ。

写真で見る風景が広がってる。

宿まで一時間すこしかかるのでライトアップの時間までの滞在は無理があるので駆け足で回りあとにする。

荘川ICへ向かう時に対向でライトアップ目当ての観光バスが何台もすれ違う。

恐るべし世界遺産。

5時前、古川に到着。荷物を置き夕暮れの町を散策

歩いてると雪がふりだす。寒さはさほど感じないが確実に冷えてるみたい。

暗くなったところで宿に戻る。

泊った旅館は「八ッ三館」 ネットで調べて予約したので予備知識がとぼしかったが映画の「あゝ野麦峠」にもでてるらしい。

旅館という言葉を改めて思い起こさせてくれる良い雰囲気のお宿だった。

食事は別の個室に用意されてて雪見障子越しに雪の降る庭を見ながらという贅沢を体験できた。

またご主人の口上が聞けるのだが説明が難しい。これも聞き入ってしまった。

食後、雪のふるなか露天風呂に入りほんま気持ちよかった。

翌日、飛騨の匠文化館や起し太鼓の里 飛騨古川まつり会館を含め町並を楽しみながら昼まですごした。

昼食はキッチン きゃびんぐ」とうお店。美味しかったです。 

昼食後、帰路につく。

関が原まで順調に帰ってきたが八日市まで雪の影響で帰宅がちょっと遅れた。

その時の写真。

http://www.rz250.sakura.ne.jp/olympus_E1/2008hidaji/

岐阜の旅 (10月30日写真追加)


9時からの航空自衛隊 岐阜基地の基地祭に間にあうよう6時半に家出。
8時40分に「かがみがはら航空宇宙博物館」に到着。
9時に離陸すると思ってたら10分前位にF15、F2、F4が飛び立った。
9時に編隊を組んで基地上空をパスするためやったみたい。
久しぶりに聞いた火を噴きながら飛ぶ戦闘機の音がワクワクさせてくれた。
奥さんも初めて聞いてビックリしてはった。
オープニングフライトでF4、F2、F15の機動飛行を楽しんだ。
その後はタイムスケジュールを見てる限り異機種編隊飛行まで飛びそうにないので各務ヶ原を後にする。
http://www.rz250.sakura.ne.jp/olympus_E1/071028gifukichi/

紅葉の下見を兼ねて郡上八幡目指す。
その前に美濃市で「うだつの上がる町並」につられて寄り道。
ツアーオブジャパンの第3ステージやった町やったはず。

町に着くと幼稚園児のマーチングバンドが迎えてくれた。
消防署関係のイベントの一環で行進してたらしい。
今、美濃和紙でオブジェを作り、夜にあかりアートとしてライトアップしてる。
美濃観光協会
http://www.rz250.sakura.ne.jp/olympus_E1/071028mino/
その後郡上八幡に行くが人がてんこ盛りだった。
小学生の根性試しの新橋ダイブの場所にたったがめっちゃ高い。

水が綺麗で川底が見えるのは怖い!
ち○ち○がヒューっと縮んだ。
http://www.rz250.sakura.ne.jp/olympus_E1/071028gujyou/
来週はどこに行こう?

10月30日 画像アップ

木曽路は坂しかない。


土日は木曽路の旅。
中津川で中央高速を降り、国道19号線を北上。
馬籠の標識に誘われて馬籠宿へ。
馬籠宿は軽くかわして妻籠宿へ。
馬籠宿から一つ峠を越え妻籠宿に到着。
20年ぶり位やろか前はRZ250で来た。
当たり前やけど変わらない町並みが昔の記憶を思い出させてくれた。
小一時間ほど散策した後蕎麦屋で昼食。
やっぱりおいしい。
のんびりと昼下がりのひと時を過ごしてこの旅の目的地、赤沢自然休養林へ。
しかし道を間違い王滝方面へ走ってしまう。
最終が出るのが3時30分。
急いで引き返したが間に合わず。
Continue reading

信楽とスイス料理 アルピナ

今日は回転木馬さんの琵琶湖一周の日やったけど昨日のDIYで結構作業が進み。
午前中続けてDIYすることに。
昼までに作業が一段落したので陶器祭りをやってるし信楽へ行くことにした。
奥さんの友達を誘って11時30分に奈良の高山を出発。
途中、山背古道を井手から山城大橋までロケハンをかねて走った。
町並はところどころに蔵の有る家があったりゆっくり自転車で走るにはよさそう。
宇治田原から307で信楽に向かったが途中で昼食。
前に単車屋さんに教えて貰ってたスイス料理のアルピナに寄った。

初めてチーズフォンデューを食べた。
他にはソーセージとハム料理を注文。
美味しかったし今、21時を過ぎたがまだお腹がすかない。
めっちゃ腹持ちが良いのかな。

信楽に着く手前で渋滞が発生してた。
渋滞は裏道を走り回避したが陶器市会場付近は人が一杯。
ゆっくり見て回ったが奥さんが薬味皿、友達がコーヒーカップを一対買った。
帰りも宇治田原で渋滞。
相当な人が信楽に行ってたんやろな。

チーズフォンデュー&ハムソーセージは、ほんま美味しかった。