遠方より

今日、遠方より山賊総業さんの訪問を受けた。

ALANのシクロで重そうなリュックサック姿で現れはった。

リュックの中はそうとうな戦利品が入ってる様子だった。

またこっちに来られるときはビールなら大丈夫なんで行きましょか。

プロジェクトXが少し写ってる写真です。

p1000142.jpg

これでは分かりませんね。

フレームはまだまだ

タイトルに「来た!」とか書くとフレームが出来てきたのかと思われるかもしれないので現在の状況報告。

土曜に久しぶりにビチ・クラシカに行ってGIGIさんに「どうですか?」と聞くとまだ進んでないとの事。

ラグのブランドマークを彫ってくれるところを探してるところらしい。

こっちも乗る自転車は有るんで「ゆっくりやってください」。

そんな感じなんで秋に出来てきたら「良し」くらいな感じかな。

きっちりGiroは熱くなって見てたらしい。

仕事は後回しだったらしい。

ラグ

IMG_0871s

進んでるプロジェクトX。

少し前はヘッドの部分も有ったけど先の土曜は無かった。

gigiさんお出かけやったみたいで話が出来なかったけどヘッドラグのデザインを練り直してるのかな。

イタリアンクラシックバイク

先週、見つけた額に入った自転車を訪ねてみた。

有限会社スタジオヴェラーティ

店名 BI・CI・CLASSICA

p2202782s.jpg

イタリアンクラシックバイクのミュージアムみたい。

Gino Bartaliが乗ったのとかALANのアルミ、ROSSIN、SCAPINと砂田さんのイタリアの自転車工房物語で紹介されてる作品を直接見れる。

p2202784s.jpg

オーナーのルイジ・ヴェラーティさんとお話させてもらったがめっちゃ日本語のうまいエエ人やった。

会話の中でオリジナルのクロモリフレームの計画があると聞いた。

一つ乗ってみようかと思う。

国内のビルダーでヴェラーティさんデザインのカラーリングは魅力満載。

額に入った自転車 BI・CI・CLASSICA

p2143039.JPG

朝のポタリングから帰って昼食後、奈良のお寺にお礼参りに行った帰り平群から十三峠を超えて帰ってきた。

もう直ぐ家に到着というところで松屋町の用事を思い出しそのまま阪神高速で松屋町へ。

道頓堀で降り北に引き返す道で上の写真の場所を発見。

残念ながら定休日やったみたいで閉まってたが、センスの良さが光ってた。

帰ってから検索してみるとイタリアの人が経営されてるデザインスタジオでビンテージ自転車の販売もされてるらしい。