アシェット 懐かしの商用車

アシェット 懐かしの商用車用の飾り棚を作って秘密基地に設置。

これからも送られてくるからもう一つ作ろうと思ってる。

それが一杯になったところで定期購入をキャンセルするかな。

RZ250 電タコ

RZ250に電気式タコメーターを装着。

OSR-CDIを導入したもう一つのメリットとして電気式タコメーター出力があり機械式から変更が可能になった。

配線の接続テストは過日にしてたがクランクケース側の機械式タコメーターケーブルの取り出し口の処理が出来てからと思ってた。

ジャンクボックスを漁って使わなくなった機械式水温系アダプターが使えそうと気づき工作した。

見栄えは悪いが目的は果たせたと思う。

現在、モード2のクロノ動作だが2stではウザいだけかな。

ノーマルに設定し直そうと思ってる。

W650 有田みかん海道

先日買ったドライブガイド本で見た和歌山県の有田みかん海道へ行ってきた。

ここだけ目当てに行くのは物足りないが有田、湯浅、白崎海洋公園と回るとよい。

7時すぎに近畿道、阪和道で海南ICへ。

R42から直ぐに有田みかん海道入り口に入る。

ここから有田みかん海道。

今回のもう一つの目的が綺麗な景色を見ながらラーメンを食べる。

今回はアルコールストーブを買って持っていった。

500ccのペットボトルで水を持参して沸かせるかの実験。

見事に沸騰した。

景色を見ながら熱々のラーメンを頂きました。

Open Source Replica CDI for 29L

Open Source Replica CDI for 29Lの設定を前に寝床で色々考えてる。

まず現在は1XH-50のCDIと51L用コイルの組み合わせで動くようになった。

現在使ってるハーネスをReplica CDI for 29Lをカプラー接続できるように改造する予定。

現在CDIはタンク後端の工具スペースの所に設置してる。

YPVSのコントローラーはテールカウルに収めてる。

Replica CDI for 29LにはYPVSのコントロールユニットも搭載されてるのでハーネスを短くしてノーマルに戻すときには延長ハーネスを作っておいて接続できるようにしときたな。

カプラーを単品で買うより中古のハーネスを買った方が良いかとポチッた。

純正色の配線をそろえる事を考えるとハーネスをバラした方が簡単だし。

一方ローターとコイルは51LのコイルとReplica CDI for 29Lとの組み合わせでスパークするか試してみる。(多分ダメ)

29L用のローターとコイルを使うことになるだろう。

その時、点火時期をどうするか考えた。

何を基準にしようかと妄想しててTZ250の点火時期を参考にしてみてはと考えた。

まずタイミングライトで1200rpm 上死点前17度を信じて上死点を割りだそう。

次に上死点前、1.8mmで何度になるか確認。

最初の写真、一枚目は1997年の4TW用の点火時期。

これはガソリンが無鉛ハイオク仕様になってるやつで二枚目の写真は1995年4DP4の点火時期。

アブガス仕様で高圧縮時の点火時期。

RZ250もヘッドガスケット一枚仕様で圧縮を上げてるがTZに比べるまでもない。

なので上死点前、1.8mmまでは大丈夫だろう。

0.4mmで角度が何度変わるのかも調べておくかな。