RZ250 キャリパーサポート

キャリパーサポートの三作目。

長々とキャリパーサポートをゴソゴソしてたが一様完成。

CADの練習を兼ねて寸法取りの方法や作ったSSTの具合を試しながら作ってた。

まずフロントフォークの寸法取りにボルトを削りボルト穴のセンターを測りやすくした。

アクスルシャフトの貫通穴にはドリルの刃を差し込んで方眼紙を充て三点をマークした。

この測り方を元にブレンボキャリパーとフロントフォークのCADデータを作成。

CADからプリントアウトした紙にスプレー糊を付けてアルミ板に張り付け。

罫書きを省略出来た。

まずベースのこの二つを切り出しボルト留めし最後にキャリパーをエアー圧で固定しながらセンターマーク用SSTをブレンボキャリパーにセット。

ホイールを回転させベース板に傷を付け止まった所を固定用ボルト穴の位置にポンチマークを入れた。

次はバックステップのプレートをCADの練習台にしようかな。