SRX-6

スイングアームの点検。

目視と打音で不具合が無いかチェック。

リアーブレーキのバンジョーボルトが当たった跡がクッキリ。

これは最初に対処したところ。

他に擦り傷もなく綺麗。

一昨日の朝活で組んだ。

昨日はRZ250のフロントのホイールベアリングのチェック。

ガタは無くこれ以上無いと言うほど滑らかだった。

いよいよブレーキパッドの材質かな。

ということで張り替える前に他の方法を試してみる。

デイトナでパッドの寸法を載せてるページを発見。

大きめのパッドを見つけた。

これを削って使えるようにして様子を見ようと思ってる。

メンテ色々

まずは朝活でRZ250のジャダー問題。

キャリパーをO/Hして一瞬改善したが少し距離を乗るとまた出だした。

今度はもうパッドの材質を疑うしかない。

張り替えてから一年あまりは何とも無かったので表面が綺麗にディスクに当たりだして引っ付くようになったのかと表面を削ってみた。

また最初は大丈夫だったが少しして振動が出だした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一旦ガレージに戻りパッドにスリットを入れてみた。

ここで時間切れで一旦家に帰りミッションをこなして戻り試走したがやっぱりダメ。

でもパッド面を触ると少しの間出ないので材質の問題を疑う。

次はTZ250のYPVSのチェックと設定。

ちょっと動きが渋いけど動いたからええか~ですわ。

このチェック用にバッテリーと接続ケーブルを作った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12vやったら何でも良いかとスクーター用。

YPVSに通電するとウイーウイーと一度動く。

この辺は市販車と同じバルブが開いた状態でサーボモーターが止まってるはずなんでケーブルを調整。

ここまで来たらキャブを組んでラムエアーボックス等を取り付けたらもう直ぐ完成。

TZ250の次はSRX-6のスイングアームをチェックするためにバラした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

簡単な目視では異常なし。

綺麗にしてジックリ見るつもり。

このスイングアームでは約2000km走った。

4月はじめに鈴鹿ツインサーキットの走会や月ヶ瀬往復を何度かしたり先日は丹後半島へツーリングに行ったり色んな状況で走ってるのでこの辺でチェックを入れておこう。

Untitled

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年はSRX-6で行ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一年ぶりに見るとやっぱり凄い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外で日本茶ブームが起こりつつあるとか。

和束町石寺地区にて

RZ250

本間利彦さんがブログでコーナーリングについて書かれてる。

http://ameblo.jp/yzr250or500/entry-12273757120.html

本間さんとはまるで次元が違うがSRX-6がまともに走り出した時にコーナーで「何コレ!」と思った。

RD250から始まりTRX850まで同じ感覚だと思ってたがSRX-6は違った。

きっちりブレーキングを終えてパーシャルで倒していきアクセルを開けだすと曲がる!

当初はホイールのリムサイズを上げたかったのでホイールを変えようと思ってたが曲がる感覚が楽しくて仕方なのでそのままで乗ることに決めた。

それで今度はRZ250のハンドリングが気になってきた。

元は前後18インチだったが1980年代後半の流れに乗ってフロント17インチ、リア18インチにして乗ってる。

フロントを18インチに戻したらどうなるか試したくなった。

幸いスポークホイールなんでリムとスポークを手配出来たら変更できる。

スポークは近所のBORE-ACEさんで調達できたがリムは6/21の予定らしい。

欲しいのは18XMT2.50だけど手持ちの18XMT2.15でまず組んでみようと思ってる。

月ヶ瀬

今朝は月ヶ瀬のパトロール。

CB450の林さんと待ち合わせて月ヶ瀬口のガーデンカフェミームへ。

8時過ぎに月ヶ瀬で待ち合わせで少し早く着くので茶畑の探索。

八十八夜も過ぎて茶畑も新緑に輝いてた。

月ヶ瀬では刀とSRX-4の霜村さんとお会いできた。

霜村さんと歓談してるとCB450で林さんが登場。

9時過ぎまで霜村さん、林さん、他の方々と談笑してミームに向かった。

一年前に見つけ気持ちよい佇まいに何度か訪れてる。

前には無かったパスタやピザがメニューに有ったので昼食に来てもよさそう。

たわいの無い話をしながらまったりとした時間をすごし帰途についた。

林さんは阿山方面へパトロール。

11時半に帰宅。

昼から信楽へ行く予定。

丹後半島ツーリング 2

伊根から経が岬まで日本海の綺麗な海を見ながら登り基調のワインディング。

次の目的地のxバンドレーダー基地まで下り基調から緩やかなアップダウンと緩やかなワインディング。

気温も上がり暑いくらい。

ほんと気持ちよかった。

このドームがレーダー本体?

厳重な警備がされてると思ったが案外ユルユル。

写真一枚撮って直ぐに出発。

気持ちの良い道が続くが舗装が綺麗で電柱を見るとさすがに電力を食うみたいで太い電線が引かれてた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次の観光スポットは全然知らなかった立岩

http://www.pref.kyoto.jp/tango/tango-doboku/miryoku_tateiwa.html

京丹後市丹後町間人(たいざ)にある。

入っていく所に小さな看板が有ったが連れて行ってもらわないと判らないと思う。

難しい読みの間人(たいざ)関西人には知ってる人は多いと思う。

間人の松葉蟹は超有名ブランド蟹。

死ぬまで一回は食べたいもんやけど無理だろうな。

お昼になったので今回の目的の一つ峰山町の「MARKEY’S MC cafe」

http://www.virginharley.com/ownersshop/oshop17/

ここで今回の単車の紹介。

松本さんがKZ1300!水冷6気筒!!

岩本さんがNinja ZX12R!

私はSRX-6

お店は外観からも判る居心地の良さそうな感じ。

実際、マーキーさんはフレンドリーな方で凄く居心地が良かった。

オムライスを頂きながら色々な会話を楽しんだ。

店内で懐かしい物を発見。

昔あった火薬の玩具。

もう今の時代では絶対に作れないもの。

これはクラッカーで着火方法によりこれより古いタイプはニービー(2B?)というのもあった。

子供は残酷な生き物で蛙がその犠牲になった。

1時半となりそろそろ帰途に着く。

ここで松本さんと岩本さんとお別れして地道で大阪へ。

一旦東進して与謝野町からR175で南下。

途中、以前に松本さんから教えて貰ってた謎のお店で記念撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新緑の山を満喫しながらトコトコと(車の後ろなんで)福知山、篠山を通り池田から阪神高速に乗り帰宅。

松本さん、岩本さんありがとうございました。

またお願いします。

丹後半島ツーリング

本日晴天の中を丹後半島へツーリングに行ってきた。

上の写真は伊根湾の入り口。

朝6時半にガレージに向かう。

ゴソゴソして6時45分くらいに出発。

東大阪の私の家から待ち合わせの「道の駅 海の京都 宮津」までなんと1時間41分。

京都縦貫道の威力が凄い。

出発して直ぐメッシュジャケットじゃ無理なのが判明。

すぐにカッパを着こむ。

順調に進んでいって亀岡に入ると濃霧で日当たりが無くなり寒さが増してくる。

道路横の温度計では10℃になってた。

そら寒いわ!

園部あたりで霧が晴れたのでしばし休憩。

日当たりの良いところに停めて暖を取った。

8時45分頃に「道の駅 海の京都 宮津」に到着。

待ってる間に珍しい単車が横に停まった。

ホンダ MVX250

舞鶴の旧車のイベントへ行かれるとの事だった。

程なく松本さん、岩本さんが到着。

直ぐに出発して最初の目的地の伊根へ。

伊根について遊覧船から舟屋を見学。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船の周りにカッパえびせんを狙うカモメとトンビが追いかけてくる。

下船後、舟屋の里公園へ移動して高いところから伊根湾を見た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は経が岬。

海岸線の景色を楽しみながら経が岬に到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは野生の隼の生息地で鳥狙いのカメラマンが沢山。

今日はこのへんで。

眠たいです。