月ヶ瀬

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本来はエストW650交流会で針テラスだったが午後から急用が入りドタキャン。

逆チェンと新しいブーツの慣らしがてら9時までに帰ってくる予定で月ヶ瀬へ。

上の写真は、まだ山影に陽が見え隠れする6時半頃の大柳生付近。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柳生を過ぎて興ヶ原町でもう一枚。

月ヶ瀬に到着して巽さんと霜村さんを探すが居られなかった。

7時半まで待ってみたがゆっくり桜を見ながら帰りたいので帰途についた。

帰りはまた南側ルート。

こちらも桜が満開で気持ちよく走れた。

帰ってからパソコンでチェックすると霜村さんは遅めの出発だったみたい。

柳生ルートで帰ってたらすれ違ったかも。

SRXと桜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3時より自由時間となり急いで桜見物。

大柳生の近所に目をつけていた場所があった。

数枚撮り月ヶ瀬に向かったが手前で予備タンクに入り開いてるスタンドを探して名阪白樫ICまで。

帰りは島ヶ原に出てR163で月ヶ瀬口に出来た道の駅に寄ったが今日は閉店だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一枚撮って笠置を目指す。

笠置手前の沈下橋で一枚。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笠置に着くと満開。

JR笠置駅から少し離れたところで数枚。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6時半に帰宅したので3時間半の早回りだった。

DEAD or RIDE 36

6:40に鈴鹿ツインサーキットに到着。

新名神では0℃!

前の方に何やら見慣れない物体が。

この状態に積まれた可愛いニーラー(サイドカー)だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで本気で遊んではりました。

さて皆さん愛車の走行準備で忙しいが着てる服装は冬のよう。

放射冷却で冷え込んでた。

気を付けないとコケるかなと自分に言い聞かせた。

と一発目の言い訳。

午後からはポカポカして暖かくなった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツインショックシングル250ccクラスは盛況で多数参加されてたがエストレヤやTRなどKawasakiは居なかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一際目立ってたDucati。

すっごくカッコよかった。

自分の走りは去年の7月より1秒落ちの44秒790。

ステップ擦りまくってバンク角足らんとバックステップにしたり、リアサスをO/Hに出したり、プラシーボ効果を狙ってスイングアームのアルミ化したり、これで間違いなく42秒台で走れるハズやったのに。

絶対、タイヤが風邪ひいてたか路面温度が低かったからやと責任転嫁しとく。

最後のじゃんけん大会でTシャツを頂いた。

楽しいおっちゃんのサーキット遊びの一日でした。

 

SRX-6

久しぶりに月ヶ瀬に行ってきた。

SRX-6の後ろに写ってるFZ1 Fazerの方もSRX-6にお乗りだそうで色々な情報を頂けた。

12時前頃に奈良公園から柳生街道に入ったが空いてた。

気持ち良く4/2の練習になった。

帰りは布目ダムから奈良教育大に出る県道80号線で帰ってきた。

こっちも空いてて快適だった。

先週はRZ250で走りまくったがやっぱりSRX-6の方が旋回性がよい。

アクセルを開けて行くとすーっと回っていく。

RZ250のフロントを18インチにしてみたいな。

SRX-6

車検も近いのでSRX-6のオイル交換をしたがオイルフィルターのカバーを止めるボルト穴の山を飛ばしてしまった。

限界やったのかも。

余計な作業が増えたがM6用リコイルのタップを立て

リコイルを入れて完了。

古い単車を触ってるとM6、M8のリコイルは用意しておくと対処が早くできる。

SRX-6

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アルミのスイングアームを組み付け試走してきた。

こう見ると代わってるのかどうか判らないくらい。

乗ってても変化は判らない。

自己満足の極致だろうけどすっごく気持ちよい。

勢いでベースになったSRX3型のスイングアームをヤフオクで落としてたが大変な作業が想像できほったらかしにしてた。

ほったらかしにしてるのは捨てたのと同じと考え失敗しても良いかと始めた。

形になったのがすっごく嬉しい。

旋盤加工や溶接で色々お世話になったがこうして完成し走れた事がお礼にもなるだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セル始動のSRX用スイングアームを利用したが大改造になったのでベースは何でもよかったかも。

改造はスイングアーム自体が長く太かったのでノーマルのホイールベースにして幅を狭め二本サスの取り付けブラケットをつけた。

とりあえず両手離しでも真っすぐ走りました。

ステップの改造がうまくいってなくて再加工が必要。

改めて旋盤でお世話になったキューズクラフトさん、溶接でお世話にになった布施金属工業さんありがとうございました。

SRX-6

アルミのスイングアームを仮組みしてみた。

一見問題なさそうだが一箇所不具合が出た。

赤丸のところリアのマスターシリンダーがスイングアームに当る。

L型の当て具でどれ位の干渉か確認。

これは簡単に対処できる。

チェーン側の様子。

一番確認しておきたかったチェーンラインの状態はバッチリ!

リアのマスターシリンダーを外に出せば完成かな。