SRX-6

SRX-6の右ハンドルスイッチ(スロットルホルダー)をヤフオクで調達して改造した。

赤丸の所をカットしてハイスロのスペースを作った。

右がカットした調達部品。

これで配線も無改造でコネクターを繋ぐだけで済んだ。

アクチブのハイスロは固定部が薄くこの作戦ができた。

装着後、走ってみたら少し重くなってるが良い感じ。

最近、寄る年波で各関節の駆動域が狭くなってるが手首も同様。

アクセルを全開にしてるつもりでも開けきってない場合が有りそう。

RZ250でもハイスロ化が出そう。

ガソリンタンクスタンド

朝活はSRX-6のガソリンタンクスタンドの試作。

ハイスロ作業は部品待ちなんでガレージに有る材木の端材で作った。

少し前にDaita Kawasakiさんがカッコ良いのを作られてた。

これを元にしてアルミの角材とかでカッコよく作れたらいいがこれで完成になってしまいそう。

次はRZ250のを作る予定。

SRX-6 ハイスロ

今朝は以前買ってたアクティブのハイスロをSRX-6に付けようと作業した。

特価でアマゾンで出てたのを思わず買ってしまったがワイヤーが合わずほったらかしにしてた。

ワイヤーを手配して取り付けは出来た。

ハンドルスイッチを買っておいたデイトナのスイッチに変更したら作業終了だったがライトスイッチにしたい所がON/OFFしか出来ない。

ポジションライトを殺してしまおうかとも思ったがもう一つ案が浮かんだ。

部品をヤフオクで手配した。

思惑どうりに行くかな?

ひとまずノーマルに戻した。

ハンドルスイッチが余ってしまった。

SRX-6 チタンエキゾースト

NAG S.E.D.製SRX-6用チタンエキゾーストを取り付けた。

binary comment

SRX-6のフレーム、エンジンマフラーの詰まり具合はビシビシでエキゾーストパイプの交換も試行錯誤。

今までに何度も外して取り付けてをしてたが出来ればしたくない作業。

binary comment

マフラー本体にコブのような突起が有るがこれが邪魔。

エキゾーストをマフラーにセットして取り付けようとしても突起が邪魔して取り付けできない。

マフラー本体を車体に仮付けしてエキゾーストパイプを取り付けるのが本来の手順なのかな。

しかしその方法ではマフラーのジョイント部になかなか入って行かない。

ジョイント部に銅?のカラーが入ってるが長年の締め付けで変形してるのか途中までしか入らない。

仕方ないのでジョイント部をやすりで広げた。

なんとかセット出来た。

暑い8月のはじまり

昼間に走るのは自殺行為なんで4時起きで淡路島にでもと思ったが起きられず6時に奈良方面へ出発。

奈良公園、名阪国道福住インターで下りて山の中を走り大柳生から柳生街道を経てR163、精華町の学術研究都市を抜け井手町、氷室、第二京阪で帰宅した。

暑さはギリギリ。

8時半よりガレージでSRX-6のリアフェンダーの加工をしてた。

数日前より朝活でアルミ板を切ったり穴を開けたりしてたのが最終調整と磨きが残るだけになってたのでサウナ状態のガレージに籠もった。

ショートフェンダーの工作は三度目。

二作目で良い感じになってたがテールランプを含めナンバープレートステイがスッキリしすぎボリューム感が前と合わないかなと三作目の工作になった。

テールランプを少し大きめにしてナンバープレートステイも若干大きくした。

比べてみたら大きくなってるのが判る程度。

もう一つテールカウルの割れ対策をした。

FaceBookのSRXグループでやはり同じ様に割れた事が有る人が居てボルト固定しないでタイラップ留めで応力を逃がすようにしたら上手くいってると情報を頂いた。

タイラップでは私のはそこがバラバラになりそうなんでゴムワッシャーで応力を逃がす事にした。

ボルトを締め込まずRピンで外れないようにした。

DEAD or RIDE 47

今日はDEAD or RIDE 47にSRX-6で参加してきた。

今日はめちゃくちゃ暑かった。

思いっきり伸び悩んでるのでもう一度初心に戻ってあれこれ考えず一生懸命走ってみた。

路面温度が60℃を超えてたらしい。

今日はアンドロイドアプリのGPS Lapsという秘密兵器を使った。

タイヤはBSのBT46。

ドロドロになってるかと見てみたらそうでもない。

グリップしてないかと言うとそこそこグリップしてる。

リアタイヤとフロントタイヤ。

まだ最後のひげが残ってる。

耐久性は有りそうだが次はTT900GPを試そうと思う。