ラグビーワールドカップ2019

先週金曜日からラグビーワールドカップ2019が開幕。

私の住んでる東大阪でも4試合が組まれてる。

写真に写ってるブルーのジャージがナミビアで白いのがイタリア。

落ち着いて見るまで反対だと思ってた。

2年前に地元優先チケットを申し込んでたので今日、息子とイタリア vs ナビビア戦を観戦してきた。

本物の迫力はライブが一番。

花園ラグビー場は専用スタジアムなので陸上トラックがなくスタンドがフィールドに近く遠いところでプレーしてても十分見れる。

日本代表戦が組まれてないのは残念だが他国どうしの対戦を見れるがワールドカップならではだと思う。

次はアルゼンチン vs トンガ。

トンガのハカが見れる。

秘密基地にお客さん

秘密基地にスペインのマヨルカ島からお客さんが来た。

従兄弟の旦那。

彼がお土産でBULTACOブランドのグローブとTシャツを持ってきてくれた。

従兄弟の通訳で会話するがそこは単車好き同士で結構何を言ってるのか判るった。
BULTACOブランドは今も残ってるみたい。

世界GPの軽量級チャンピオンのアンヘル・ニエトが77年にブルタコの50ccに乗り世界チャンピオンになってる。

彼はスペイン生産の古いBULTACO(オフロード)を数台所有してる。

色んな話の中で ホルへ・ロレンソもマユルカ島出身なのも以前聞いてたが スズキの Joan Mir ジョアン・ミルがマヨルカ島出身なのが判った。

スズキのマシンが今年好調なんで表彰台に載れるかも。

ホンダを蹴ってスズキを選んだミルを今年は大注目。



冬の城崎旅行

冬の日本海といえば蟹!

蟹を目当てにしてたのではないがやっぱり蟹。

冬の家族旅行の今年は城崎温泉。

初めての訪問。

テレビ番組の紹介等で昔からの温泉情緒がある町並を浴衣、下駄でカランコロンと外湯巡りしたかった。

宿のチェックイン時間が15時なんでその前に城崎マリンワールドと玄武洞を見学。

マリンワールドではセイウチやアシカ、トドの賢さにビックリしたのと子供がアジ釣り楽しんだ。


柱状節理の玄武岩が幾何学模様で美しかった。

宿にチェックイン後、外湯巡りに出た時に見た雰囲気の有るお店を撮ってみた。

今朝はチェックアウト後、城崎ロープウエーで温泉寺に行き三十三年ごとに開帳される十二面観音像を見、お土産を見ながら車に戻り11時過ぎに帰途についた。

すっきり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

航空自衛隊岐阜基地の航空際に行ってきた。

家族3人で朝5時に出発。

予め予定表を確認して10時過まで見る予定を立ててた。

ブルーインパルスの飛行が無いのでその分プログラムが伸び気味。

午前中に集中する戦闘機の機動飛行が少なかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりに聞いた爆音でストレスがすっきりした。

しかし今年の航空祭はすこし大人しい感じやった。

高倉健さん

健さんが亡くなった。

河島英五さんの「時代おくれ」阿久 悠さんの作詞やけど阿久さん、健さんをイメージにして詩を書いたのではと思ってしまう。

ちなみに阿久さんは淡路島の洲本市の出身らしい。

黒田節

軍師官兵衛もそろそろもう少しで終わりをむかえる。

晩年の秀吉との関係など面白いところやけど先週の44週「落ち行く巨星」の中で官兵衛の家臣の母里友信が福島正則から飲み比べをして槍を獲るシーンがあった。

私は全く気がつかなかったが民謡「黒田節」の元になったシーンやと奥さんが言ってた。

「酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひのもといち)のこの槍を 呑み取るほどに呑むならば これぞ真の黒田武士」

今ではあまり聞かないが私が小さい時(40年以上前)は結婚式の披露宴なんかで槍を振りながら黒田節を踊ってた人をよく見た。

賤ヶ岳七本槍と称された秀吉の腹心が関が原で殆どが東軍についた確執の一端もわかった。

格安sim

今年の三月にスマホデビューした時に契約したのはb-mobile。

正直、ネットで自分のページを見るのにストレスがあった。

googlemapなどは十分使えてたがgoogle+にアップされた画像とかを見る機会がふえたのでiijmioに変更した。

爆速と感じれるほどb-mobileと差がった。

ASUSのスマホが2万5千円ほどで出るらしい。

魅力的やね。

いま使ってるxperia so-03dは防水なんで単車でナビとかする時は便利なんで単車専用にするかな。

先日の紀伊半島ツーリングで雨の中でもしっかり使えた。