秘密基地にお客さん

秘密基地にスペインのマヨルカ島からお客さんが来た。

従兄弟の旦那。

彼がお土産でBULTACOブランドのグローブとTシャツを持ってきてくれた。

従兄弟の通訳で会話するがそこは単車好き同士で結構何を言ってるのか判るった。
BULTACOブランドは今も残ってるみたい。

世界GPの軽量級チャンピオンのアンヘル・ニエトが77年にブルタコの50ccに乗り世界チャンピオンになってる。

彼はスペイン生産の古いBULTACO(オフロード)を数台所有してる。

色んな話の中で ホルへ・ロレンソもマユルカ島出身なのも以前聞いてたが スズキの Joan Mir ジョアン・ミルがマヨルカ島出身なのが判った。

スズキのマシンが今年好調なんで表彰台に載れるかも。

ホンダを蹴ってスズキを選んだミルを今年は大注目。



moto-JOYレーシングスクール

4月7日、鈴鹿ツインサーキット。

岐阜のスピードショップイトウさんのDEAD orRIDE42に参加させてもらい楽しんできた。

15分枠を5回プラス模擬レース+フリー走行。

午前中の3本目、勝手にmoto-JOYレーシングスクールになった。

上の写真、後ろの黄色ゼッケンはmoto-JOYの加藤マネージャー。

程なく抜けれて後ろに付きライン取り等を見ながら少しの間、追走。

そうしてると、後ろから別の250ccシングルの排気音が聞こえてきたと思ったらブレーキングで清輔さん(上の写真の24番)がスパッと抜いていった。

前が詰まってたのでしばらく追走してたが突っ込みで容赦なく前走車を抜いて行く。

そうしてるとまた250cc単気筒の音がしてきて米倉さん(上の写真の21番)に抜かれた。

ラップタイムを見ると1秒以上の差が有るので抜かれても仕方ないがやっぱり悔しい。

まだまだ突っ込みが甘くその差が大きいのを確認した。

今度はもっと入っていけるよう頑張ろう。

冬の城崎旅行

冬の日本海といえば蟹!

蟹を目当てにしてたのではないがやっぱり蟹。

冬の家族旅行の今年は城崎温泉。

初めての訪問。

テレビ番組の紹介等で昔からの温泉情緒がある町並を浴衣、下駄でカランコロンと外湯巡りしたかった。

宿のチェックイン時間が15時なんでその前に城崎マリンワールドと玄武洞を見学。

マリンワールドではセイウチやアシカ、トドの賢さにビックリしたのと子供がアジ釣り楽しんだ。


柱状節理の玄武岩が幾何学模様で美しかった。

宿にチェックイン後、外湯巡りに出た時に見た雰囲気の有るお店を撮ってみた。

今朝はチェックアウト後、城崎ロープウエーで温泉寺に行き三十三年ごとに開帳される十二面観音像を見、お土産を見ながら車に戻り11時過ぎに帰途についた。

間違い2つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まったやってしまったかも?

ノギスは17mmに設定してる。

2mmほど早く閉まる設定になってた。

ここでフロートを交換してる。

この時に油面調整を間違った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高さを修正。

フロートの高さを間違ってたのとパイロットスクリューの戻し回転が間違ってた。

ストーンさんに指摘してもらってパイロットスクリューの戻し回転を改めて調べた。

車体番号から見ると2と1/4回転戻しである。

以前メモとして残してたものも更新した。

まずフロートの高さが狂ってると下りや上りで油面がより狂ってくる。

それと巡航時はあまりアクセルは開いてない。

パイロットスクリューの影響が有る開度で薄めセッティングになってしまってたと思う。

この2つを適正にしてキャブをもどすことにする。

基本を確立させてからMJやスローを替えてるか考えることにする。

 

すっきり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

航空自衛隊岐阜基地の航空際に行ってきた。

家族3人で朝5時に出発。

予め予定表を確認して10時過まで見る予定を立ててた。

ブルーインパルスの飛行が無いのでその分プログラムが伸び気味。

午前中に集中する戦闘機の機動飛行が少なかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりに聞いた爆音でストレスがすっきりした。

しかし今年の航空祭はすこし大人しい感じやった。

高倉健さん

健さんが亡くなった。

河島英五さんの「時代おくれ」阿久 悠さんの作詞やけど阿久さん、健さんをイメージにして詩を書いたのではと思ってしまう。

ちなみに阿久さんは淡路島の洲本市の出身らしい。