SRX-6

SRX-6のオイル交換失敗。

21日の為にオイル交換をしようとしたがフィルター交換後フィルターカバーのネジ山を飛ばしてしまった。

以前にも一か所飛ばしてたので残りの一か所も飛ばす可能性が高いだろうとサイドカバーを外してリコイル加工。

サイドカバーを外す時にガスケットが破れたのでガスケット待ちしてたが本日完了。

直前でなくて良かった。

RZ250 チョークプランジャー

怒涛の9月が過ぎ少し余裕が出たのでナイトランへとRZ250をガレージから出したがなかなかエンジンが掛からない。

掛かってもアクセルのツキが悪いような気がするも出発。

回転が上がってれば不調を感じない。

信号待ちでアイドリングが不安定になってきて次の信号でシフトダウン時のアオリに対してツキが悪くなってきた。

楽しく走るつもりが原因で探りながら走る事になった。

気温が下がってパワーが上がるはずが5000rpm以下でパワーが落ちてる。

しかし上は回る。

なんかチョークを戻すのを忘れた時のように感じたのでチョークを確認するが戻ってる。

この辺でガレージに戻り作業は翌朝。

朝、ガレージに行きキャブを眺めてるとチョークプランジャーのゴムのカバーが外れてた。

ここから若干空気が入り軽くチョークが掛かった状態だったみたい。

プランジャーを取り出して薄くシリコングリースを塗って元に戻した。

試走は出来てないがエンジンの掛かりも戻りエクセルのツキもp戻ってる。

これで大丈夫だろう。

RZ250 神戸

朝5時半に神戸の神戸メディテラス
を目指して出発。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は2009年に自転車で明石海峡大橋に行く途中に寄った時。

この景色を頂いてRZ250の写真を撮りたいと思ったが残念ながら去年の秋に解体されてしまってた。

それならと旧居留地をロケ地に撮ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧神戸居留地十五番館とRZ250。

ここは以前にKawasaki W650でも撮ったところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに六甲山に登り「653cafe ロッコウサンカフェ」の場所を確認。

六甲ケーブル山上駅から直ぐだった。

 

SRX-6 ASウオタニ

ASウオタニのSPIIフルパワーキットでキルスイッチが利かなくなったとFaceBookのユーザーグループに投稿したら直ぐに解決策を教えて貰った。

セルスタートだとキルスイッチは余り使わないかもしれないがキックオンリーのSRX-6では圧縮上死点探るのにくランキングする時にキルスイッチが無いと軽いケッチンを食らう事がある。

教えて貰った方法はASウオタニのユニットへ流れる電流をスイッチングリレーでコントロールする方法。

エーモンのこのリレーを買ってきた。

電気が思いっきり苦手なんでどう動作させたら良いか小一時間悩んだ。

黒線をキルスイッチから来てる黒/白配線へ。

青色配線はアクセサリー電源へ。

リレーの赤と白をユニットへのプラス線の間に入れた。

黄色は結線せず。

これでキルスイッチをオンにするとリレーが働きエンジンが切れる。

何もしないとリレーは動かなくて通電するようにした。

何かの理由でリレーが動かなくなってもキルスイッチが効かないだけですむ。

プラグを抵抗付きに交換するときに火花を確認した。

無事エンジンがかかりキルスイッチでエンジンが停止した。

SRX-6で龍神

少し寝坊して5時半に家出。

7時12分頃に高野山の大門に到着。

高野龍神スカイラインを龍神村まで走りR424、R480を走ってきた。

朝の高野山は天国、帰りの大阪は地獄だった。

前日に天気予報で予想気温を調べて高野山が最低気温18℃、最高気温31℃と他の所より圧倒的に涼しそうなんで龍神に決定。

その通りで高野山は別世界だった。

Tシャツにジャケットで丁度。

奥の院入り口?

快適に龍神スカイラインを快走。

前回、RZ250で来たときは素通りした護摩壇山Pで缶コーヒー休憩。

トイレを済まして出発して直ぐ片側通行の信号で和歌山ナンバーのXJR1200と一緒になり龍神まで勝手にペースメーカーになって貰って龍神に到着。

営業時間はまだと思ってたが「香房 ゆず夢cafe」で休憩。

早く帰らないとゆっくりしてたら地獄が待ってると早々に出発。

龍神温泉で一枚。

龍神温泉上御殿、紀州の殿様御用達のお宿だったらしい。

龍神温泉を出て何時もは田辺へ出て海沿いを走るルートがここ最近の定番だけど今回はR424で金屋まで、そこからR480で花園村を抜けて高野山に戻るルートにした。

R424、R480とも交通量が少なく快走できたが少々暑かった。

気持ち良く走って花園村に到着。

恐竜ランドに寄って記念撮影。

再びR480に出て高野山まで尾根沿いの道。

高野山の大門前を再び通りかつらぎへ下山。

かつらぎまで降りると暑い!

京奈和道で橋本まで。

ドライヤーの風の中を走ってる感じだったが天見峠を越え河内長野に入り外環状に入る頃に熱風の中を走ってる感じ。

ドライヤーからヒートガンに変わった!

12時40分に帰宅。

この酷暑は悲惨だ。

当分昼間は走るのは止めておこう。

SRX-6

暑い日が続く。

単車に乗る気が全くしない。

最近の朝活は先の台風で秘密基地の雨漏りが発生したのでそれの対処が思いのほか時間がかかってしまった。

前から気になってたSRX-6のフロントマスターシリンダーのエアー噛みの対処が遅れてた。

一昨日、タイミングよくバイカーズステーションでブレーキ特集が有ったので参考にしながらブレーキの整備。

1、ノーマルマスターシリンダーに戻してブレーキホースのチェック。

2、エア噛みは無かったがタッチが悪く(昔はそれでOKだった)マスターシリンダーをシングルディスク用の1/2に変更。

春にラジアルマスターシリンダーに変えてたがこれが不良品っぽく走る度にエアー抜き作業が必須。

7月22日のDEAD ro RIDE40でも途中でエアー抜きをしてた。

ラジアルマスターシリンダーに換えた時にブレーキホースも1to 2タイプ(マスターシリンダーから一本出しで分岐しキャリパーへ)に変更したのでその時に失敗してるかもしれない。

マスターシリンダーを前に使ってたノーマルに戻して一度試走してみた。

一夜明けてブレーキを握るとエアーは噛んでない。

やはりラジアルマスターシリンダーの不具合だろう。

ブレーキのタッチがラジアルに慣れてしまったのかしっくりしない。

バイカーズステーションの記事とは反対になるが8/5サイズのマスターシリンダーをRZ250で使ってた2/1のノーマルマスターシリンダーにへんこうしてみた。

8/5の方は最初はグッと効くがその後力を入れなおさないと効いていかない。

そうなると上体に力が入りまくる。

昔はそれが当たり前と思ってたが上体がリラックスしてブレーキングできるとコーナーの進入が凄くスムーズに入れる事に気付いた。

レバータッチが柔らかいのはシックリしなかった。

今朝、ブレーキホースが大丈夫なのを確認後、横マスターシリンダーの1/2に変更。

組換え後走ってみたが少し柔らかすぎっだがよい感じ。

これで少し様子を見てみよう。

RZ250

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RZ250のフォークスプリングを近所のバネ屋さんで見積もり中。

スプリング長を60mm伸ばしてバネレートを12%アップでシングルレート。

元のTZの重量とRZ250の重量を比較してスプリング二本で25%アップを狙った。

どうなるかな。

追記

フロントフォークのストローク量は115mm
90%の103mmになるようイニシャル調整が必要