SRX-6

SRX-6のオイル交換失敗。

21日の為にオイル交換をしようとしたがフィルター交換後フィルターカバーのネジ山を飛ばしてしまった。

以前にも一か所飛ばしてたので残りの一か所も飛ばす可能性が高いだろうとサイドカバーを外してリコイル加工。

サイドカバーを外す時にガスケットが破れたのでガスケット待ちしてたが本日完了。

直前でなくて良かった。

SRX-6

SRX-6のフロントフォークの改造が出来た。

ボーリング屋さんから帰ってきてたがスライドメタルやオイルシールの手配で一昨日から作業してた。

先ずはフォークのバラしから。

右フォークの下のスライドメタルが相当擦り減ってたので予備のに交換して慎重に組んでいく。

約1.5mmのズレが出来るのでブレーキパッドの位置もずれそうなんでついでにキャリパーの整備もした。

ブレーキオイルまみれになったのでこれ以降写真は無し。

フォークを三又にセットしてホイールをセット。

アクスルシャフトを締めこんだ後、一旦ホイールを着地させ何回かストロークさせてアクスルシャフトとアウターチューブを馴染ませた。

1.5mm程の隙間を確認してすり割りのロックボルトを締めこんだ。

キャリパーをセットして少し走ってみたがパッドの当りが変ってみたい。

21日DEAD or RIDEまでに当たりを出しておかないと。

動きは確実にスムースになってる。

SRX-6 フロントアクスル

SRX-6のフロントアクスルシャフトの所で前から気になってたところに手をつけた。

赤丸の下のカラーをボーリング屋さんで作って貰いアウターチューブのシャフト穴を15mmから18mmに拡大して貰った。

アウターチューブとカラーとの間に2mm程の隙間が有る。

アクスルシャフトを閉め込んで行くと2mmの隙間が無くなるが気分的にもスッキリしない。

このタイプなら綺麗に収まるので改造でなんとか出来ないか考えてた。

元からすり割りが入ってたのでこれを利用してアクスルシャフトを締めこんだ後にすり割りのロックボルトを利用して締めこめるようにした。

上手く行きますように。

RZ250 チョークプランジャー

怒涛の9月が過ぎ少し余裕が出たのでナイトランへとRZ250をガレージから出したがなかなかエンジンが掛からない。

掛かってもアクセルのツキが悪いような気がするも出発。

回転が上がってれば不調を感じない。

信号待ちでアイドリングが不安定になってきて次の信号でシフトダウン時のアオリに対してツキが悪くなってきた。

楽しく走るつもりが原因で探りながら走る事になった。

気温が下がってパワーが上がるはずが5000rpm以下でパワーが落ちてる。

しかし上は回る。

なんかチョークを戻すのを忘れた時のように感じたのでチョークを確認するが戻ってる。

この辺でガレージに戻り作業は翌朝。

朝、ガレージに行きキャブを眺めてるとチョークプランジャーのゴムのカバーが外れてた。

ここから若干空気が入り軽くチョークが掛かった状態だったみたい。

プランジャーを取り出して薄くシリコングリースを塗って元に戻した。

試走は出来てないがエンジンの掛かりも戻りエクセルのツキもp戻ってる。

これで大丈夫だろう。

RZ250 神戸

朝5時半に神戸の神戸メディテラス
を目指して出発。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は2009年に自転車で明石海峡大橋に行く途中に寄った時。

この景色を頂いてRZ250の写真を撮りたいと思ったが残念ながら去年の秋に解体されてしまってた。

それならと旧居留地をロケ地に撮ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧神戸居留地十五番館とRZ250。

ここは以前にKawasaki W650でも撮ったところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに六甲山に登り「653cafe ロッコウサンカフェ」の場所を確認。

六甲ケーブル山上駅から直ぐだった。

 

RZ250

TOSHI-TECさんのシフトシャフトガイドプレートを買ったので取り付け。

50℃開き65℃全開のサーモスタッドを一緒に購入。

サーモスタットは時間切れでまたそのうち。

取り付けには左のエンジンサイドカバーを加工する必要が有ったのでハンドフライスで加工。

注 ハンドフライスとはボール盤にロータリー歯を付けて手に持って送っていく

サイドカバーの材質がプラスチックなんで簡単に削れる。

シフトシャフトガイドプレートとサイドカバーを共締めにするため傘付きのカラーを買ってきた。

傘が広いのボール盤とヤスリで削る。

旨く行った。
十分なトルクを掛けれたと思う。

RZ250 点火時期

SRX-6の点火時期を変えてよい感じになったので圧縮を上げてハイオクを入れてるRZ250の点火時期を変更したらどうなるのか試したくなった。

ピックアップコイルのベースの取り付けボルトの穴(赤丸)を削れるだけ削って少しだけ調整できるようにした。

初期RZ250のエンジンは点火時期を調整できるがRZRのエンジンは調整できないようになってる。

少しだけ走ったがヘルメットの中の目は笑ってたはず。

タイミングライトで点火時期を確認した。

1200rpm時、上死点前1.35mm

ちょっと遅すぎるのかな。