神戸ルミナリエ

昨夜、久しぶりに神戸のルミナリエへ行ってきた。

7時半頃に到着し立ち止まり禁止なんでところてんの如く会場を巡った。

帰りに南京町を散策。

屋台のから揚げ等を食べながら異国情緒を味わった。


Suzuka twin track day 2018

12月2日は楽しみにしてたOVER Racing/moto-JOY主催のSuzuka twin track day 2018だrった。

しかし二回目の走行時間直後にハイサイド。

タイヤが暖まる前で「何で?」と思った瞬間に飛んでたみたい。

人間とTZは軽症だったがヘルメットとツナギのダメージが激しく走行終了。

ご心配かけた皆様すいませんでした。

皆の走行を悔しい思いで見てたが昼休みに体験走行を走る事にした。

TZ250で疲れてしまいそうなんでRZ250も持っていってた。

ヘルメットの傷が痛々しい。(^_^;

転倒直後でもこんな感じで乗れるくらいの転倒でした。

神さんが「調子に乗るなよ」と警告してれたのかな。

SRX-6

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3時間程時間が出来たので大津、朝宮、和束を周って来た。

京滋バイパス、笠取ICで降り宇治川ラインを北上。

立木観音手前で右折しR422。

R422に入って直ぐ伊賀甲賀の道路案内が。

忍者の里へ向かう気分。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

R422に有ったCafe ポコ ア ポコ。(ちょっとピンボケ)

トイレ休憩も兼ねてまったり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内の暖炉が心地よい。

暖炉の暖かさは何か違うな。

窓越しにR422が良い感じで見えてる。

R422の景色を楽しみながらR307に。

信楽方面に向かい朝宮から和束へ抜ける県道5号線。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湯船森林公園で紅葉をバックに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和束に出て春に見つけた桜の前で一枚。

9月の台風の影響は無さそう。

来年の春にまた綺麗に咲いてくれそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉を楽しもうと走ってみたがイマイチやった。

しかしSRX-6は好調で走ってて楽しい。

3時半帰宅。3時間のショートトリップ。

TZ250

12月2日の「Suzuka twin track day 2018」の走行に向けてフロントブレーキのマスターシリンダーを縦マス(ラジポン)に交換。

夏からのRZ250とSRX-6のマスターシリンダーの選びの副産物として19mmのマスターシリンダーが余ったのでTZ250に流用。

ここで気づいたのがスイッチホルダーがない分マスターシリンダーの取り付け位置に余裕がありレバー比の変更が容易。

ブレーキレバーが長くハンドルバーから出すぎるのでショートレバーに変更。

カウルを付けて干渉する部分が無いか確認。

これで後はエンジンが掛かれば準備が終わる。

後、ステッカーチューンの続きで位置変えや追加。

 

Castrol A747

TwitterでCastrol A747の製造終了を知った。

7月に終わってたそうで残るは店頭在庫だけの状況のようでRSタイチ、二輪館門真、南海部品本店に電話で確認した。

有ったのは南海部品だけで3本有ったのを取り置きしておいて貰った。

無事、90L分を確保。

12月2日のSuzuka twin track dayではカストロの香りお楽しむ事が出来る。

年に2回ほど走るとすると再来年あたりまでは大丈夫かな。

混合オイル自体が無くなるのではないのが救い。

RZ250

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日18日は色んなイベントが有った日。

鈴鹿ではSOUND of ENGINE、美山でRZmeeting、各務ヶ原では岐阜基地の航空際。

自分は子供のイベントで時間制限があり近所をうろついただけ。

9時に家出。

RZ250のキャブの具合を確認しがてら奈良の正暦寺に紅葉を撮りに行ったが自分の考えてるところは日陰でイマイチ。

早々諦めて名阪に乗り福住界隈を散策。

上の写真は天理市山田町の公民館。

元は小学校で木造造り。

これぞ小学校という佇まい。

教室跡は大小会議室、談話室、料理室、和室等を利用できるらしい。

内部見学も出来一通り見て周り記念撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お茶の加工場で茹でる?為の薪かな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柳生手前で青空と緑を紅葉に目が留まったが紅葉の色付きがイマイチな感じ。

柳生でトイレ休憩して帰途につく。

柳生街道の終点でTakashi Tatsumiさんに遭遇。

阪奈下りまで後ろを走ってお別れ。

11時40分に帰宅。

キャブはOK!

メインジェットは相変わらず「嘘やろ~な番数」。

RZ250 キャブ

とうとうグズグズと濃い症状が出てくれた。

原因は丸で囲んだニードルジェット。

三年前に長い眠りから復活させた時に社外品のジェットキットを使ったがニードルジェットのサイズが元のと違ってた。

刻印を確かめようとバラしてみたが刻印は見当たらない。

思い当たるフシは有る。

ここで http://www.rz250.sakura.ne.jp/wp/?p=5954

ピーキーだと感じてるしレストア後の始動でエンジンは掛かるがストールするのを繰り返してたのも思い出した。

刻印が無いのでリペアーキットメーカーのサイトで確認するとP-0かP-2が入ってそう。

同じRZRでも数種類ある。

元に入ってたP-6に変更して走ってみると5000rpm付近でグズグズしてくれた。

P-6ってのが不思議でドコから手に入れたのかサッパリ判らない。(サービスマニュアルではP-2)

点火時期を変更する前はこれでも「こんなものやったのかな」程度だったが変更後一気に変ってしまってニードルジェットがボトルネックになってしまいメインジェットを変更しても変化が見えないようになってたと想像。

これで様子を見てみる。