クランクシャフトマニア

昨日、注文した 29L-11400-30 (クランクシャフト アセンブリ) が入ってきた。

これで降りるまでのクランクを確保できたと思う。

ガレージにはクランクシャフトが5本!

真ん中の29Lと3XVは新品。

4DPは程度の良い中古。

29Lの二本は要組み換え。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一緒に注文してたのがRZ250用にジェットニードル。

ノーマルが 4LO-14141-36 でサイズは忘れてしまったが大きいサイズであろう 4LO-14141-46 を買ってみた。

見事に今RZ250で使ってるP-6でした。

もう一個買う予定。

ステーが写ってるがSRX-6のマフラーステイ。

MT-07用が合うかもと買ってみた。

使えそう。

朝ライド

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都府南部 でYO’SHI~さんともう一人の方と8時過ぎに待ち合わせの後、集合場所の針テラスへ。

思いっきり早くついた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BMWのヘッドを削りながら走る人とではペースも早くなるわな。

一番乗りで他の方々を待つ事に。

まず関西組みが続々と到着して9時半前に愛知より本隊が到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は自治会の寄り合いが有るので昼前に離脱したが紀伊半島一泊ツーリングに行かれる。

何度か機会があったが私の都合が合わず今日、初めてお会いできた。

緊張しまくって一枚目の写真をお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

油面ゲージ 2

昨日は油面ゲージを作った所で時間切れだった。

今朝はキャブの油面高の高さ設定と左右の高さの同期調整をした。

まずキャブの固定方法の質問を受けたのでキャブなしの画像から。

ジャンクボックスに有った何用か判らないインシュレーターがVM26キャブにピッタリだったので壁に固定した。

油面の高さは簡易レベル合わせ(フロート高さ)をマニュアルの範囲で下限に設定し油面ゲージで確かめてみた。

この油面ゲージも単純にガソリンを流し込むだけでは空気が噛んだりしてバラバラの高さになった。

一度フロート室にガソリンを流しガソリンコックをオフにして色んな角度にして邪魔な空気を追い出し改めてコックを開けると上手く行った。

2枚目が右のキャブで3枚目が左のキャブ。

フロートの爪を曲げて高さを合わせるのは大変な作業。

4回フロート室を開けた。

上の一枚目のニードルジェットの横穴が開いてるが一番上の穴が油面より上に出てるようになってると思う。

ノギスで周りを測って大体の油面高がコレくらいだと一番上が出るだろうと。

二枚目はついでにキャブの蓋を交換。

ワイヤーリードがダルダルになっててアクセルを引くと大きく傾きレスポンスが悪かった。

油面ゲージ

YO’SHI~さんのダイアリーを見てて油面を変えたくなり油面ゲージを作ってみた。

写真一枚目は失敗作、透明のアクリルパイプで見たほうがキッチリ判ると思ったがホースの中に空気が溜まってしまいサッパリ機能せず。

アクリルパイプをやめてホースだけにするが取り回しが微妙でフロートから平行にホースを取り回さないとエアが溜まってしまった。

二枚目の写真が上手くいった取り回し。

油面を下げて気化を促進してみたくなった。

RZ250 パイロットエアスクリュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年になってからジェットのセッティングに迷いがでてた。

一番の原因はサードパーティー製のジェットがイマイチ自分のには合わなかった。

変更してたジェット類を元にもどしたらだいぶ改善した。

GW前にメインジェットを夏用に落としたら寒の戻りで上はベストマッチしたみたいで回る周る。

しかしアイドリング付近で失火気味になり探ってたらプラグキャップの腐食を発見。

これで志摩往復で失火は感じなかったがパーシャル域でパラパラパラじゃなくパランパランと脈動してるみたいな感じ。

で帰ってからプラグを見ると右が黒く左が狐色。

まずパイロットエアスクリューを1:1/2にしてたのを1:1/4に締めこんだが症状が悪化。

1:3/4を試しまだ濃いと2回転戻しにすると改善が見えたがしかアイドリング時は明らかに左右で違う。

プラグチェックで左が薄いのを感じてたので左のパイロットエアスクリューを1/4締めこんで右が2回転戻し左は1:3/4として昨夜試走してきた。

で写真の焼け。

こんなもんだろう。

左右でキャブやシリンダー、マフラーとかの影響で違いが出てるのだろうと納得しとく!

RZ250で志摩往復

令和元年の初ツーリングで志摩市のARCHAIQUEさんへキーホルダーとTシャツを買いに行ってきた。

往復470km程、無事RZ250は走ってくれた。

朝6時過ぎに出発。

針経由でR166(和歌山伊勢街道)からR424で大台町に抜けR42で大内山IC付近から県道68で大紀町に抜けR260で東進のルート。

R166やR424は新緑が美しく寒かったのも有りゆっくりペースで色んな緑を楽しんだ。写真4枚目5枚目

写真より数段綺麗な緑だった。

R260の五箇所湾付近で秘宝館の看板が目に入りわざわざ引き返して撮った。

入った事が有るのか無いのか微妙な記憶。

私たちの年代では伊勢を象徴するキーワード。

写真を撮りながらのんびりペースだった事もありARCHAIQUEさんに到着は11半くらいで、伊勢うどんを注文しキーホルダー二個とTシャツを買ってきた。

一時間弱ほどゆっくりさせてもらって帰途についた。

またR260、県道68、勢和大内山ICから紀勢自動車道に乗り多気ICで降り県道368で三多気まで走り県道422、県道369(伊勢本街道)で室生寺を抜けて針、奈良を抜け帰宅。

6枚目の写真は道の駅茶倉。

7枚目は県道369三多気付近で撮った。

室生寺付近で雨に降られたが道中の新緑とこの時期の花々を満喫した。



RZ250 プラグキャップ

28日に全国スクエアー4ミーティングへRZ250で行った時、アイドリングで少し失火してるように感じてプラグをチェックすると黒い物が付着してる何か判らないがプラグキャップの劣化を疑った。

プラグキャップを分解して中を確認すると片方(左側)が錆びのように腐食してた。
原因はこれだろう。

NAPS、二輪館を回ったが同じタイプのが無くKITACOのキャップを買ってきた。

連休明けに純正を注文することに。

このプラグキャップは多分20年以上使ってる。