RZ250 ジェット交換

昨日、久しぶりに鈴鹿へオートバイのレースを見に行く予定だった。

カメラを持って行きたかったので車で7時に出発。

新名神に入ったところでポツポツ。

信楽付近で結構な降り。

鈴鹿山脈を越えたらやむかしれないと進んで行ったが雨は上がらず。

前売りを買ってないし雨具を持ってきてないしでmoto-JOYさんに寄って帰ってきた。

天理まで帰ると気持ちよい晴れ間が広がってた。

帰ってからテレビでmotoGPを見ててロッシが転倒した所でRZ250用のメインジェットをRSタイチに買いに行った。

RZ250のメインジェット交換が朝の日課のようになってしまってるがクリーナーボックス付きのキャブの取り外し取り付けは結構邪魔臭い。

しかし何度もやってると早くなるもので今では30分で交換できるようになってる。

二つのスペシャル工具の恩恵が大きい。

まず普通のタイヤレバー。

これをクリーナーボックスとキャブの間に差し込んでグイっといくとポロッと外れる。

交換後の取り付けが今まで大変だったがスペシャル工具(と言っても既存の工具を削っただけ)で簡単になった。

赤丸のようにゴムを引っ掛けれるようにした工具を作った。

キャブをインシュレーター側を先に合わせてタイヤレバー等を使い押し込むとクリーナーボックスのゴムも押し込まれた状態になるがゴムを引っ掛けて引っ張れる工具のおかげですんなりセットできる。

でジェット交換作業はまだ続きそう。

 

RZ250 香落渓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RZ250の試走を兼ねて月ヶ瀬から三重県名張市の香落渓、室生寺と周ってきた。

香落渓は紅葉シーズンが始まったようだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは写真より現地へ是非行って下さい。

今回は名張市から入ったが景色的には反対の曽爾村から抜けるほうが綺麗だと思う。

曽爾高原に寄る時間は無かったので室生寺えお目指して走った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

室生寺手前のログ空(KARAPPO)で田舎ピザを食べた。

これが美味しい。

奈良県宇陀市 室生下田口1601−1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰り道にススキが有ったので一枚。

14時帰宅。

 

RZ250

RZ250のキャブで悩み中。

気温が急激に下がった影響かまたもや始動性が悪くなってきた。

点火時期の変更も影響してるのかな。

朝にメインジェットを交換して夜に試走を繰り返す日々。

プラグを見ても薄い傾向が出てるので20番(2ランク)上げてみた。

結果は良いほうに出たのでOKだと思ってたが5000rpmまでが薄そうに感じでニードルジェットで調整。

また良くなったがもしやしてメインジェットがまだ薄いのかもしれないとまた20番(2ランク)上げてニードルジェットを元に戻した。

なんか全体的に今まで感じた以上のパワーが出てる感じ。

プラグを確認するとまだ薄そう。

また20番(2ランク)上げようと思う。

しかし有り得ない番数になってしまうけど何処かで不具合が出てるのかな。

明日は朝に変更してそのまま試走できるな。

点火時期の変更でこんなに変るものなのかな。

RZ250 チョークプランジャー

怒涛の9月が過ぎ少し余裕が出たのでナイトランへとRZ250をガレージから出したがなかなかエンジンが掛からない。

掛かってもアクセルのツキが悪いような気がするも出発。

回転が上がってれば不調を感じない。

信号待ちでアイドリングが不安定になってきて次の信号でシフトダウン時のアオリに対してツキが悪くなってきた。

楽しく走るつもりが原因で探りながら走る事になった。

気温が下がってパワーが上がるはずが5000rpm以下でパワーが落ちてる。

しかし上は回る。

なんかチョークを戻すのを忘れた時のように感じたのでチョークを確認するが戻ってる。

この辺でガレージに戻り作業は翌朝。

朝、ガレージに行きキャブを眺めてるとチョークプランジャーのゴムのカバーが外れてた。

ここから若干空気が入り軽くチョークが掛かった状態だったみたい。

プランジャーを取り出して薄くシリコングリースを塗って元に戻した。

試走は出来てないがエンジンの掛かりも戻りエクセルのツキもp戻ってる。

これで大丈夫だろう。

RZ250 神戸

朝5時半に神戸の神戸メディテラス
を目指して出発。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は2009年に自転車で明石海峡大橋に行く途中に寄った時。

この景色を頂いてRZ250の写真を撮りたいと思ったが残念ながら去年の秋に解体されてしまってた。

それならと旧居留地をロケ地に撮ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧神戸居留地十五番館とRZ250。

ここは以前にKawasaki W650でも撮ったところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りに六甲山に登り「653cafe ロッコウサンカフェ」の場所を確認。

六甲ケーブル山上駅から直ぐだった。

 

RZ250

TOSHI-TECさんのシフトシャフトガイドプレートを買ったので取り付け。

50℃開き65℃全開のサーモスタッドを一緒に購入。

サーモスタットは時間切れでまたそのうち。

取り付けには左のエンジンサイドカバーを加工する必要が有ったのでハンドフライスで加工。

注 ハンドフライスとはボール盤にロータリー歯を付けて手に持って送っていく

サイドカバーの材質がプラスチックなんで簡単に削れる。

シフトシャフトガイドプレートとサイドカバーを共締めにするため傘付きのカラーを買ってきた。

傘が広いのボール盤とヤスリで削る。

旨く行った。
十分なトルクを掛けれたと思う。

RZ250 点火時期

SRX-6の点火時期を変えてよい感じになったので圧縮を上げてハイオクを入れてるRZ250の点火時期を変更したらどうなるのか試したくなった。

ピックアップコイルのベースの取り付けボルトの穴(赤丸)を削れるだけ削って少しだけ調整できるようにした。

初期RZ250のエンジンは点火時期を調整できるがRZRのエンジンは調整できないようになってる。

少しだけ走ったがヘルメットの中の目は笑ってたはず。

タイミングライトで点火時期を確認した。

1200rpm時、上死点前1.35mm

ちょっと遅すぎるのかな。