DUCATI SCRAMBLER

雨の休日はガレージに籠もる。

DUCATI SCRAMBLERの左のフレームカバーの効果が少し有るのを確認したので右のマフラーカバーとフレームカバーを作った。

マフラーカバーは金属製だと思ってたが純正もプラスチックだった。

後ろの取り付けボルトからの伝導だと思う。

もう一枚作って試してみる。

写真はマフラーカバーの熱整形の過程。

DUCATI Scrambler

またもや雨の日曜日、しかし雨雲レーダーを見ると降ってるのは大阪、奈良、三重中南部。

淡路島は降ってない。

一瞬、またアクアグリス淡路島へ行こうかと考えたがガレージに籠もってDUCATI Scramblerの熱対策をすることにした。

油温が110℃を超えてくると信号待ち等で足を出すと熱くなったフレームに太ももが当たり熱くてたまらない。

フレームだけでなくリアサスも熱を帯び左側に足を出して停車できない。

熱整形プラスチックのカイダックを使ってフレームカバーを作った。

一枚目の写真が出来上がり。

二枚目三枚目が熱整形してるところ。

三枚目は耐熱シートを貼ってるところ。

午後から家事ミッションをこなして夕方より試走。

ある程度までは効果があり快適だが油温が120℃を超えてくるとエンジンからの熱気で熱くてしかたがない状態になるが走って油温が110℃付近まで下がれば大丈夫。

予報では23日も雨らしい。

紅葉の季節が終わってしまう。

DUCATI Scrambler

11月3日、午後から家事ミッションが入ってるので夜会ツーリングに行けず。

11時に帰宅予定でRZ250で出発したがチェンジトラブルで引き返す。
(サイドスタンドを短くしたらチェンジの邪魔に)

DUCATI Scramblerに乗り換えて月ヶ瀬方面へ。

円成寺の紅葉が始まってた。

しかしこの写真は残念にもピンボケ。

アンシャープマスクかけて画像サイズを小さくして誤魔化した。

柳生から濃霧。

濃霧の中のScramblerは絵になると撮るが天気の悪い日の普通の写真(^_^;

11時前に帰宅。

Scrambler グループツーリング

今日はいつものメンバーとのグループツーリング。

残念ながら午後から家事ミッションが控えてるので途中離脱の予定で出発。

針テラスに9時に集合して伊勢の浜島へ。

参加車両はXJ900、BMW R90S?、CBR1000、SRX400改、TZR250(3XV)、MT-10、DUCATI Scramblerとバラバラ。

針テラスの後、道の駅大宇陀で再集結しここからR166からR368まで先頭引きをした。

私はR166の道の駅茶倉で離脱して本隊と別れR368で美杉への山越えでR422経由名阪国道で帰宅した。

DUCATI Scrambler 徳山ダム

前から行ってみたかった徳山ダムへ行ってきた。

Created with GIMP

行程は画像の通り名神、新名神で信楽で降りR307で多賀まで行きR306で沓掛峠を越えいなべ市へ入り垂井町から揖斐川町を抜け徳山ダムへ。

濃尾平野の西の端を山沿いに北上していけば目的地つくと下調べで判った。

R306の沓掛越えのワインディングロードは気持ちよかった。

R306からR365で北上。

垂井町、池田町、揖斐川町を経て徳山ダムへ。

binary comment

揖斐川町を通過するなら寄っておこうと記念撮影。

フライの整備をされてる画像をアップされてたので今日は釣りだろうな。

お店から一本北側は古い町並みが残ってた。

お祭りには山車が出る伝統の有る町。

徳山ダムまで気持ちよくコーナーを楽しみながら到着。

新緑頃や紅葉の頃は一層綺麗だろうな。

記念撮影してトンボ帰り。

帰りのルートも同じルートで帰ってきた。

binary comment

貴生川で信号待ちしてた時に信楽高原鉄道が走って行くのが見たので待ち伏せして撮った。

案外早く待ち伏せはギリギリだった。

午前中の山の中は快適だったが帰りのR307では油温が115℃位。

信楽ICから新名神に入って一旦落ち着いたが京都南ICから天王山トンネルまでメーターの温度計は37℃。

その時の油温は108℃。

シェルアドバンスウルトラ4Tのシフトの感覚は変わらず。

走行距離は460kmだった。

RZ250とScrambler

hideharu engineeringにRZ250のサス部品とDUCATI Scramblerのマフラーにスプリングフックとジョイント部のスペーサーリングの加工を依頼してた。

まずはScramblerのマフラーカバーの改造時ヤフオクで年式違いのマフラーを購入して改造したがマフラーとエキパイ部のジョイント方法が違いジョイント部の重なり幅も違ってた。

改造したマフラーがスプリングフック式だったのでエキパイにジュビリーバンドでフックをバンド締めしてたのを溶接してもらった。

ジョイント部はスペーサーカラー(20mm位)を溶接してもらった。

次にRZ250のリアサスをYSSに変更しようと買ってたがスラストニードルローラーベアリングを仕込みたいと思い色々考えてたが部品を追加しないと無理だとの結論から旋盤で作ってもらった。

スプリングの内径は46mmでスラストニードルローラーベアリングのサイズが45mmから50mmしかなく内径50mmを選択してイニシャルアジャスターにアダプターを入れる事にした。

綺麗に旋盤加工してもらい組み立てたがピッタリ。

思惑通り抜群の動き。

YSSに付いてきたスプリングは少し硬めだったがスラストベアリングを仕込むと初期動作がスムーズになるので柔らかいスプリングに替えた感じになる。

まだ走行してないが押さえてみると良い感じ!

DUCATI スクランブラー

15日の日曜は10時より家事ミッションなのでそれまで自由時間!

5時に家を出れれば6時間(5時間の間違い)有る。

マキノのメタセコイヤを目指した。

6時半過ぎに到着したが寒かった。

メーターの温度計は最低で13℃を示してた。

人が出てくる前にメタセコイヤを出発して海津大崎に出て旧道を琵琶湖沿いを南下。

時計を見ながら堅田まで湖西を走り琵琶湖大橋を渡り瀬田まで湖岸道路。

瀬田ICで名神に乗り帰宅。