TZ250

朝活はTZ250の組み立て。

数日前にメインフレームとスイングアームを組み立ててたがリアサスの緩衝材が劣化してて部品待ちしてた。

そのまま組み付けるとフレーム側の取り付け部でカタカタと音がした。

スイングアームピボットの遊び調整はイモネジのような構造で隙間を調整するようになってる。

スリットになってる所を締めこんで行き遊びを取る構造。

私の触った単車には無い構造なんで流石レーサークオリティーと関心してた。

現行車種では当たり前なのかも。

これを締め付ける専用工具が出てたみたいだが終売なんでスペシャル工具を利用。

安物の普段はケガキとして使ってるノギスで締めた。

トルクをかけるところではないのでOKだろう。

ピボットシャフト左側はこんな感じで隙間が無いが

こんな感じでイモネジで隙間分を押してる。

サスも取り付けたのでエンジンをセット。

マウントボルトもキッチリロックできた。

前後レーシングスタンドに載せたところで時間切れ。

今はこんな感じ。

明日はシリンダーを開ける予定。

一度エンジンをかけたがヘッドを開けてないので見ておく。

シリンダーも外してクランクのチェックも。

RZ250

RZ250のハブダンパーを木で作りイメージを考えてみた。

10mmのMDF合板で切り出した。

ハブにこんな感じで付き

スプロケットに取り付けたウレタンゴムを

先ほどのMDF合板にセット。

右のアダプターでスプロケットを押さえるって感じ。

ハブアダプター、ウレタンゴム、スプロケットアダプター、アクスルシャフト用カラーの4つを作ってもらう必要がある。

一番の心配はウレタンゴムで強度が持つのか。

図を追加しました。

 

TZ250

ガタガタになってたエンジンマウントボルトのナットカラーがあがってきて相手方のリーマー加工を東成区の米山機工さんに頼んでた。

自分でリーマーを買って加工しようとしたがリーマーが高いので加工に出したほうが良いと考えた。

上の出具合でもすり割のロックが掛かったので大成功。

これで組み立て作業が開始できる。

RZ250

SRX-6のスイングアームが一段落ついたので次の作業へ。

TZ250のエンジンマウントボルトのナットカラーが出来てきて少し大きめなんでボーリング屋さんにリーマー加工を依頼してきた。

で組のは少し先になるのでRZ250のハブダンパーの工作を少しした。

半透明のゴムはウレタンゴムで硬度50というもの。

モノタロウで見つけて土曜に入手してたもの。

ホールソーで二種類切り出してみた。

小さいほうが22.5mmでこっちを選択する。

スペーサーを外して様子を見てみた。

ハブを削ることなく出来そう。

後4つ明日の朝活で切り出してみる。

宴会二連ちゃん

昨夜はBI・CI・CLASSICAの宴会で新福島駅付近の新しいイタ飯屋さん。

新店舗への引っ越して新たに出発を祝った。

新住所を探したが見つからなかった。

前の店から信号を南に30mほど行ったところに。

http://ameblo.jp/biciclassica/entry-12237424391.html

そして今日も自転車繋がりのS野が還暦を迎えられたので還暦祝いという名目で宴会。

場所は天満橋の八軒家浜に集合して大川クルーズ。

屋形船で鍋をつつきながら飲み放題。

桜の季節は綺麗な景色を見ながらの屋形船はいいなと思ってたが、いざ飲み食いしてると船の外はあまり見ない事が判明。

屋形船クルーズは空いてる時に行くのが良さそう。

S野さんは今もシーズンに4,5回は信州までスキーに行かれる程元気一杯。

色々話をさせて貰ったら残り時間をいかに楽しむかで意見が一致した。

記念撮影してお別れしてきた。

TZを組んだらまた朝活で自転車に乗るで~。

SRX-6

車検も近いのでSRX-6のオイル交換をしたがオイルフィルターのカバーを止めるボルト穴の山を飛ばしてしまった。

限界やったのかも。

余計な作業が増えたがM6用リコイルのタップを立て

リコイルを入れて完了。

古い単車を触ってるとM6、M8のリコイルは用意しておくと対処が早くできる。

SRX-6

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アルミのスイングアームを組み付け試走してきた。

こう見ると代わってるのかどうか判らないくらい。

乗ってても変化は判らない。

自己満足の極致だろうけどすっごく気持ちよい。

勢いでベースになったSRX3型のスイングアームをヤフオクで落としてたが大変な作業が想像できほったらかしにしてた。

ほったらかしにしてるのは捨てたのと同じと考え失敗しても良いかと始めた。

形になったのがすっごく嬉しい。

旋盤加工や溶接で色々お世話になったがこうして完成し走れた事がお礼にもなるだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セル始動のSRX用スイングアームを利用したが大改造になったのでベースは何でもよかったかも。

改造はスイングアーム自体が長く太かったのでノーマルのホイールベースにして幅を狭め二本サスの取り付けブラケットをつけた。

とりあえず両手離しでも真っすぐ走りました。

ステップの改造がうまくいってなくて再加工が必要。

改めて旋盤でお世話になったキューズクラフトさん、溶接でお世話にになった布施金属工業さんありがとうございました。