W650 南伊勢

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日もまた南伊勢に行って来た。

8時に針T・R・SでEiichi Ryan Itoさんと待ち合わせ。

出る前にアメダスで気温をチェックすると針で最低気温が-2℃まで下がってた。

着る物が難しい。

上だけHeatech+上着を着て下はジーパンとヒートテックのパッチで出発。

冷えてるが視界が良い。

南伊勢の景色が楽しみだと思いながら針に到着。

少し待ってItoさんが到着。

トイレ休憩後直ぐに出発。

大宇陀まで南下してR166で東進。

飯高町宮本からR422に変更して県道31に乗り換え大台町からR42。

大紀町崎交差点まで行き県道68へ左折して向井ケ浜へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

向井ケ浜到着は10時20分。

針から2時間20分。

撮影ポイントでItoさんのドカティーモンスター。

その後、浜沿いを探検しながら志摩市大王町のARCHAIQUEを目指した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ARCHAIQUE到着は12:30分。

ウロウロしすぎた。

5時過ぎに帰宅しないといけないので食事をして少し喋り帰途についた。

2018/ 3/18 13:29

2018/ 3/18 12:54

帰りは鵜方磯部バイパスの延伸工事が終わり走れるようになり国道R260の鵜方周辺の混雑を回避できた。

南伊勢ICから伊勢道というものあったがもう県道16に入りもう一度R260を船越までそこからサニーロードを走り玉城ICから多気まで伊勢道。

多気からR368,

R166で西進し菟田野から北進して針でItoさんと分かれた。

名阪、西名阪、近畿道で5時10分に帰宅。

ARCHAIQUEから3時間40分。

走行距離約480km

 

RZ250

オイルポンプのO/Hのついでにクラッチカバーのオイルポンプ用オイルシールとメタルブッシュ、ウォーターポンプのベアリングとオイルシールを交換。

ウォーターポンプのインペラーは3年前に換えたが既にオイルシールの跡がシャフトに有った。

スペアー買っとく必要が有りそう。

TZ250

早朝の静かな中でアクセルワイヤーの調整。

同調がズレてるまま走ってました。

キャブを並べて目視で同調を取ってたがキャブレターの位置の違い(V型)でアウターワイヤーの曲がりが異なり同調が狂ったと想像。

静寂の中スロットルバルブの戻り音(カチッ)で取りました。

最初、さっぱり判らず大きくずらしてからやってると段々判ってきた。

同調音に慣れようと何度も狂わせ同調を取るを繰り返した。

エンジンを掛けて確かめたいが無理なんで何処かに行って掛けてみようと思ってる。

RZ250


RZ250のオイルポンプからオイル漏れ。

去年から色んなオイルシール交換したがそろそろ終わりにして欲しい。

初めてバラすので先に左の予備のオイルポンプでシュミレーションした。

大きいほうのオイルシールの内側にはゴミが結構な量が溜まってた。

予備のポンプは綺麗だった。

メモ

86A-13142-00 ガスケット

93104-14059 オイルシール大

93104-04114 オイルシール小

RZ250のパーツリストでは部品番号が出てこないがネットで上記のパーツナンバーが判明。

便利な世の中になった。

 

TZ250

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はまた仕事をサボってモーターランド鈴鹿へ行ってきた。

moto-JOYさんの練習に参加させて貰った。

おっちゃんの夢が一つ叶いました。

2速までしか入りませんでしたが何とか周回できました。

キャブの同調の甘さやパイロットジェットの選択とか課題が見えたもの収穫でした。

moto-JOYのスタッフの方々、松本さん、松永さん、河瀬さんお世話になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SRX-6 試走

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタータープランジャーのトラブルからキックスタートのトラブルへ波及してしまった。

パイロットジェットを薄くしていい感じになったのでパーシャルへの影響が有るのか、また旋回能力が最大なのはパーシャル時を確かめながら月ヶ瀬へ。

パーシャル移行時のアクセルの付きは少し引っかかる。

またパーシャルでの旋回は体重の重心位置が重要だと感じた。

ブレーキング時の起きた上体のままパーシャルに移行するとハンドルに変な力が入る。

単車の重心に身体が乗るとスッと曲がって行った。

月ヶ瀬は梅見物の人で一杯だった。

R163への途中に綺麗に咲いてる木があったので一枚撮ってきた。

この間もエンジンは止めず帰宅後、エンジンを止め再始動を試みたら膝がガクガクで手間取ったが再始動できた。

これで大丈夫だろう。

 

SRX-6

先週、チュークプランジャーの動作不良でバラして清掃して組み付けた。

試乗がてら本屋さんへモトチャンプを買いに行ったが帰りに何度キックしても掛からず。

バスと電車で帰宅後、軽トラで取りに行った。

取に行った時、エンジンが冷えてたのでチョークを引きキックすると掛かった。

原因が何かを特定したいのでもう一度エンジンが完全に温まるまで近所を走り帰ってから再始動を試みたがやっぱり掛からず。

乗ってる時に気になったのはアイドリングはしてるが針に現れない不安定さが出てた。

そんな事からスロー系が薄いのかなとパイロットジェットを二段階上げてみた。

今度は始動不能に陥りプラグを見るとビッショリ。

これは反対に濃くて掛からないのではと上げる前の一段階下げてみた。

始動出来て、再始動も出来た。

もう少し様子を見ないとちょっと怖い。